Society5.0って何? いろんなところで聞くようになったこの言葉。内閣府の科学技術政策の中で取り上げられています。 サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。 社会構造を変える革新だということ。違和感を感じざるを得ないのはなぜでしょうか? テクノロジーが社会を変えることはこれまでもありました。農耕技術ができたこと、蒸気機関ができてエネルギー革命がおこったこと、インターネットができて情報革命ができたこと。そしてその先がこのことなのだと。 アルビン・トフラー「第三の波」 第三の波 (中公文庫 M 178-3) ITが社会を変えることを1980年に書いた名著を知ってる方も多いでしょう。第三の波を買った読んだのが、Amazonの履歴からみると2006年。その26年前、今から40年まえに社会の変革を説いた未来学者の本。 よく読んだし、それは大きな意味でそのとおりの未来が来ていると思うのです。 地方創生にも「ソサイエティ5.0」? 今日本は少子高齢化・地域の過疎化などの課題から、地方創生という概念が生まれました。 2015年から始まった政策で、人口減少に歯止めをかけるための戦略が各自治体がつくることになった。5年計画で1724つほぼすべての自治体が作った計画だ。 タマムシ色の計画がそれぞれ書かれている。それを見直す時期がやってきた。第二期の地方創生は、「SDGs」「Society5.0」を盛り込むことが期待されている。 わたしも含めて本質的にテクノロジーを理解してまちづくりをしている人がどれだけいるのかなと思う。 とくに行政機関や地方自治体においてはテクノロジーと対極にいるような錯覚に陥るときも多い。 FAX文化が残り、会議は紙ベース。RPAを導入とかいろいろいってるけどその前にエクセルをもっと使いこなせばいいのにとか。VLOOKUPくらい知っといたらと思うこともある。 どんな社会がやってくるのやら。 ...

今年も終りが近づいてきました。最近、長島にいるの?とか、鹿児島の仕事やってるの?とかいろいろ聞かれることもありましたが、なんとか生きていけています。 取り組むべきテーマは「IT」「地域」「教育」この3つのテーマのところに関わる部分をさせていただいております。 長島町の仕事は、2019年3月で任期終了と思って動いていましたが、1年間「地方創生統括監」という役職で継続させてもらっています。 今年一年やらせてもらった仕事を書いておきます 長島町地方創生統括監 2015年につくられた総合戦略に基づいて、長島町ではいくつものプロジェクトを進めてきました。発足当時のメンバーがいなくなったり、経過やプロセスについて知らないことなどが多く調整役と対外的な企画立案の役割としてやらせていただております。その他、得意なことを進めてほしいということでITに特化して、5Gの地方活用やIoTのビジネスプランコンテストを企画していました 株式会社コアース 僕の会社です。2012年に創業をしているので7期目が終わりました。プロジェクトベースでできる仕事をいただいています。テーマにあったところで、仕事をさせてもらっています。具体的には愛媛県宇和島市・長崎県五島市でプロジェクトのお仕事をさせてもらっています。地域の特産品を販売する通販サイトであったり、地域を拠点とした学習プログラムなどです。あとは映像制作とか、WEB制作、来年はARの制作なども手掛けてみたいと思っています あとはプログラミング教育の実践として、Minecraftカップの取り組みも今年は大変でした 長島未来企画合同会社 長島町で実践していくためには自らが主体者としてやらないといけないことがあるとおもって2017年につくった会社です。映画「夕陽のあと」や、長島大陸食べる通信、あさひやや長島大陸Nセンターがこのなかでやっていることです。 今年は代表を退きました。継続させる形を作ることができるかは来年以降が課題だなと思っています。 南日本放送(MBC)地域プロジェクトアドバイザー 鹿児島でのローカル局1chのテレビ局の仕事をしています。テレビのネットの共存は全国的なテーマですが、地方局はより身近な問題です。ネット活用のしごとをいくつかやってきたのですが、今年はビジネスプランコンテストとか講師とかそういうことをいろいろさせていただきました。 あと、ラジオ番組「探検!かごしまじかん」というので鹿児島の自治体を紹介していくことをやってきました。1年半くらいやっていたパーソナリティやディレクターが新しいステージにいったこともありメンバーが入れ替わりました。その体制にできるようにがんばります 慶應義塾大学SFC研究所所員/そうしん地域おこし研究所 地域おこし研究員制度が全国に広がりました。長島で取り組んできたことを鹿児島全域に広げる活動をするために鹿児島相互信用金庫の研究所の中で活動を広げようと思います 立場から仕事を書いてみましたが、うまくまとまらずでした。次の投稿で、力を入れたプロジェクトについて書いてみたいと思います。 ...

ここのところ、県内の起業家支援事業だったり、ビジネスプランコンテストの審査員だったりをしていて、この違和感を言語化しておかなければならないと思って筆を執りました 地域活性化において、企業活動が活発になることが必要で、そのために起業をする人を歓迎するし地域で応援する体制をとっていくことについては反対する人はいないことでしょう。 一方、地域における”起業”において、ある種の誤解が生じているように見えてならない。 1)内需を前提にした事業と外需を獲得するための事業の違い 地域ビジネスの多くは、内需を前提としたビジネスプランであること。たとえば街場のレストランだったり、サロンだったりである。銀行なども、商圏がいくらくらいなのか、そのくらいの客数が想定して、損益ラインはどのくらいなのかを見て融資をする。そういうビジネスが基本的に多いし、そういう事業が多くあるから地域は活性化する 一方、地域外からの客を引き込んだり、あらたな市場を作り出したりすることを想定している外需ビジネスも存在する。こういったものが、起業家育成で重宝される。 2)ベンチャーの定義 ローカルベンチャーという違和感のある言葉が一時期騒がれた ベンチャーの定義は「成長性のあるマーケット」で「革新的なビジネスモデル」を「短期間(5年くらい)」で成長する企業を、投資対象としてつくられた言葉だ。 ローカルにおいて、そのようなことでもないのに、なんでもかんでもローカルベンチャーと捲し立ててしまうケースは、それは地域に根差した商いでベンチャーという枠組みで見てはいけないものなのだと思う。 3)起業経験のない声の大きな存在 起業を促すためにつくられた部署で、起業育成事業を行う役所・ビジネスプランを評価して応援する銀行職員・評論家のように地域活性化をうたい学生を扇動する大学教授・そういった声の大きい人が評価してしまう。起業経験があればいいというものではないが、目的と目標が合致しない価値観の相違が生まれる そういったところで、ビジネスプランを評価するために東京から専門家を呼んできても、内需ビジネスを評価することはできないし、そのイメージも合わない。一方、外需を前提とした革新的なサービスなんかをローカルのビジネスプランには出てこない。 そんな違和感を感じながらも確信していることは、「ローカル」に「ビジネスチャンス」が落ちていること。 それは、大それたベンチャーとかでもないし、スケールしていって投資の対象になったり、IPOやM&Aのようなゴール設定をしていないものだけど。 ...

鹿児島と東京の二拠点居住をしていて思うこと。 それは金銭感覚の違いと、生活コスト。 東京の拠点は、何もしないのにお金がかかる。 この前の引越しだけで100万円くらい飛んでいった。 地方は物件を借りるだけならほとんどお金はかからない。 このまえ、テレビで村上世彰さんが、賃貸か購入かでいったら、都市なら購入。地方なら賃貸と言っていた。 転売とかをすることを考えたら東京以外でなかなか不動産が売ったり買ったりするニーズはないかと思う。 不動産ということであれば、今後空き家の数は増えていく。それは東京も同様だと思うようになった。 不動産業もリノベーションとかそういうほうがニーズが高くなってくると思う。 生活コストという意味では、衣食住の”住”が、不動産会社と金融機関のタッグの錬金術によって、おかしくなっている気がする。そしてそこから人は住む場所に縛り付けられる。住民票も戸籍もクラウドにおいておきたい。それのほうが今のニーズにあるのではないかなと。     ...

魅力度ランキングとはなに? ケンミンSHOWという番組や、いろいろな記事で都道府県魅力度ランキングと言う言葉を見かけるようになった 都道府県&市区町村魅力度ランキング2018【完全版】 https://diamond.jp/articles/-/182136 ダイヤモンド・オンラインでも特集されているのと、いろんなところで結果だけ聞くので知っているとか聞いたこと有るという方も多いのではないでしょうか?調べてみると、これは印鑑の地域ブランド研究所というところが独自に調べているものだそうです。 なんだか怪しいものだけど、みんな魅力をあげようと必死になったり、自治体もPRとか頑張ってやろうとしている。しかし、その効果があるのか眉唾なものが多くある。ゆるキャラ・B級グルメ・ゆるキャラなど、それらを押し上げるために使われる予算が大きくなっている。 果たして、この魅力度をあげることになんの意味があるのだろうか?   魅力度の指標をよく見る 評価項目は下記の通りだ ◆調査項目◆ 1000市区町村および47都道府県を対象に消費者からの評価を明らかにしたもの。 構成と調査項目は以下の通り。 ①外から視点の評価 【計72項目、1000市区町村および47都道府県】 認知度 魅力度 情報接触度 情報接触経路(ドラマや映画、ポスターやチラシなど)【16項目】 地域イメージ(歴史・文化の地域、スポーツの地域など)【16項目】 地域資源評価(海・山・川・湖などの自然が豊かなど)【16項目】 居住意欲度 訪問目的【16項目】 観光意欲度 食品購入意欲度 食品以外購入意欲度 産品購入意欲度 ②内から視点の評価【計25項目、47都道府県のみ】 愛着度 自慢度 自慢要因【23項目】 大きく分けると、外からの評価と内からの評価。どこにどう重点が置かれるかを知るためにはレポートを購入する必要があるみたいだが、2万円なのでやめておく http://tiiki.jp/news/05_research/survey2014/2335.html ただ、この前のテレビで埼玉県のランクが低いのは、②内から視点の評価が低いという   内からの評価と、テレビメディアの関係 内からの評価に挙げられる、愛着度・自慢度・自慢要因とあるが、これらを総じて、シティプライドとか言っている。これらをあげようと教育委員会がふるさと学とか、町の歴史とかを学ばせるけれども、僕はこれは日本のメディアの影響が大きいと思います。   日本のテレビメディアは、東京のキー局を中心に、都市圏にある準キー局・そしてローカル局とピラミッドのような構造になっています http://www.geocities.jp/yo_take_uchi/tv_kyoku.html     ランキングの下のほうを見るとどこも独自のテレビ局がない     茨城は、関東圏内にあり、独立局もなく、普段から見ているテレビやラジオを中心とした地域メディアで主役に茨城がなることはなく、東京を中心としたグルメ情報や観光情報がながれると地域プライドみたいなものは育たないのではないか。 徳島・佐賀・栃木も同様の理由である。 メディアはそれぞれの歴史や、ビジネスとして成り立つかどうかなどいろんな理由がある。 神奈川で育った僕も、鹿児島で活動するようになって、地域の情報を発信するテレビ局の存在の大きさに気づいた。関東圏内で育つと、ローカル局の番組というのは殆ど知らなかったし、そういう文化が地方にあるってことも気づかない   今後のこと と現状を考えた上で、地域のメディアの必要性を再認識し、これから自治体や地方のメディアが考えるは、魅力をあげるという漠然とした問題でなく、連携をしつつ地域課題解決にむけて協力をしていくべきだし、メディアの側もテレビだけでなくYouTuberだったり、ネットメディアだったりを駆使して行く必要があると思うのです。そこに地域の銀行や大学なども加わるべきだと思います             ...

最近、仕事で地域づくりの仕事をしているという人とよく会うようになってきました。そういったときに僕もちゃんと自分の仕事とかやっていくべきことを説明出来てないような気がしていてもどかしく思う。 僕が仕事にしているのは、地域の困りごとをインターネットサービスを使って解決する仕組みをつくることです。長島町の仕事をやっていく中で、長島という地域をずっとやり続けるかという話になるときに、その覚悟を問われたり、未来のビジョンとかを語るとかそういうのは僕ができることじゃないなと思うし、おこがましいことだと思うのです。 でも、最近界隈で思うのは、そうとうのキャリアだったり、実績のある人が満を持して、ローカルや田舎に飛び込んでいるような気がします。 仕事観の変化だと思います。かくいう自分もそういう仕事観になりました。 昔は与えられた目標を自分ごと化して、それを黙々とやっていった20代でしたが、いまはやるべきことやりたいことを実践するために環境を変えているつもりです。 いろんな肩書をつくってはみたものの、状況と場面によって使い分けていて、ずるいかと思うけど、そうやっていろんなことに挑戦していこうと思うのです。   ...

「島に陽が昇る」という本を今読んでいます。     ある島に、戦後の陸軍参謀が、町の悲惨な状況を立て直すべく、町長になり、改革を推し進めたノンフィクションです。 この島というのが、今ぼくたちがいる長島の東側、旧「東町」のこと。 42年前のことから描かれていて、今が過去からの歴史の積み重ねというのを改めて知りました。 東町は、選挙の不正がとくに酷いところだったという話をよく聞いていましたが、この本ではその状況もよくわかりました。 2年半長島に住んで地区と名前がわかるようになって、歴史と人が大事にしてきたものがよくわかるようになりました。 たとえば、庁舎の前に書かれている「長島町民の役に立つ人がいるところ」という文字が、飯尾元町長の時代の名残だということもわかりました。 役に立つ人にならねばという意思の現れだったのです。この本に登場する当時の方々の子供や孫が今一緒にお仕事させていただいている方々なのも面白いところです。だいたい姓と集落や職業でつながりが見えてきます。   本の主役である町長をやられていた飯尾裕幸さんが、陸軍士官学校42期のエリートだったということで、この本を書いた飯尾憲士さんが、陸軍士官学校60期なのですが、僕の祖父である土井三吉さんもまた陸軍士官学校51期のエリートだったそうです。 私が生まれる1年前に死んでしまっているので、その姿を見たことはないですが、生きていたら今の話をしてみたいものです。 僕の祖父は、兵庫県揖保郡太子町というところの出身で、いまでも僕の本籍はそこにおいています。陸軍の学校が、神奈川県座間市にあったことから戦後そこに住みついたのが僕の起源です。   1937年に本科(陸士)は神奈川県座間へ(航士は埼玉県入間に設置)、予科(予士)は1941年(昭和16年)に東京府内の朝霞へそれぞれ移転。座間の陸士には「相武台」、入間の航士には「修武台」 朝霞の予士には「振武台」の名が、それぞれ当時の大元帥たる昭和天皇から与えられている。 wikipediaより 幼少のころ、慣れ親しんだ小田急線の「相武台前」駅なんかは、天皇から与えられた由緒ただしい名前だったのを今になって知りました。 地域のことをしてみると私の上3つくらいの世代で、大きな時代の変化があって、土地に根付いていた文化や血縁やいろんな大事にしてきたものが、東京・大阪などの都市に磁力によって集まってきたのではないかと思います。 その磁場に対して、ここ近年、テクノロジーの革命や、都市の暮らしの限界や、グローバリゼーションや、震災などのいろんな影響で磁力が弱まってきているような気がします。 これからも移動のコストは限りなく低くなっていくし、海外での仕事をしている友人も多くいるし、地域でやっていてもすぐに東京と往復できるような時代です。自動運転なんかができれば地方の暮らしはより快適になると思います。 もしかすると私たちは、3つくらい下の世代のオリジンをつくる働きをしているのかもしれないなぁと思いました。       ...

今後の進路について、ぼんやりと悩んでいる。 外の人と中の人の二項対立での物事の捉え方はやっぱりあるし、得意なこととしてのITスキルとネットワークを活かせるように動くのがいいのかなぁとも思う。 そんなことを考えながら、これまで32年間でやってきたことを一つ一つ振り返りながら、次のステップを考えようと思います。OUTPUTが出ないときはINPUTを増やそうと思います。   ...

J-POPのようなタイトルですが、私の高校生時代の思い出です。 私の通っていた高校は、神奈川県では歴史の古いところで、学習は自学自習、行動は自律自制をすすめる校風でした。簡単に言えば放任主義です。 例えば、制服はなく自由な服装で通学ができ、学業よりも学内のイベントを優先していたり、学校の定期テストは学生と先生の協議によって実施するかどうかを決めるといった感じでした。 なぜそうかというと、歴史が古く学生運動を盛んにやった先輩方の影響で、学生自治が重んじられていたとのことでした。 そんな高校生活の中で印象的な出来事がありました。それは、高校2年生の特別授業のときのことでした。高校の先輩にあたるという経営者の方が公演されるということで全学年が体育館に集合しました。その経営者というのが、「和民」グループでおなじみの「渡邉美樹」社長さんでした。 当時から有名だったと思うのですが、私も高校生だったので居酒屋というものに入って飲んだりすることはまずありませんでしたので、そのすごさを当時は理解していませんでした。 その講演のなかで記憶に残ってることがいくつかあります。 渡邉さんが希望ヶ丘高校の図書室で、本を読みまくっていたこと 佐川急便でバイトして貯めたお金で起業されたこと 夢に日付をつける。夢を目標にするには具体的な期限や成果を考えて行動すること そんな話を全校生徒の前でしてくださっている中、私たち高校生活の態度があまりにも悪く、ありがたい話をされているにも関わらず、生徒同士の私語は止むことはありませんでした。その状態を見かねてた渡邉さんが生徒たちを壇上から一喝されたことを鮮明に記憶しています。 「夢に日付をつける」ということで、渡邉さんは財団をつくって、若者の夢を応援する、みんなの夢コンテストを8年前から開催されています。これからがんばろうとしている若者を応援しているコンテストです。 今回、私も応募させていただき、2次面接に進むことができました。 選考が進めば、みんなの前で夢を語れるようになります。がんばります。 ...