15年前の話。みんなの夢

J-POPのようなタイトルですが、私の高校生時代の思い出です。 私の通っていた高校は、神奈川県では歴史の古いところで、学習は自学自習、行動は自律自制をすすめる校風でした。簡単に言えば放任主義です。 例えば、制服はなく自由 […]

国という概念・宗教というOS

日本で生活をしていると外国へ旅行することを海外旅行と言って、海の外という概念があるため文化や歴史、民族の違いなどを必然的に考えてしまいます。 国という概念は、それらの国々によって違うものなのだと改めて思いました。今いるブ […]

地方創生のためのメディアキャンプという取り組み

2017年8月1日からメディアキャンプin能登町を開催しました。 2015年に新しくチームとプログラムを作り直しました。 動画の撮影はスマホで行う ドキュメンタリーをつくる 地域に根ざした人やテーマを設定する ということ […]

長崎の造船場にいってみた

長崎に予定があって11月末に行ってきました。 長崎は近くて遠い場所だったので実は人生で初めて行ってみました。 長崎市は、三菱グループの会社ばかりで、城下町になっているのだと改めて思いました。なんでそんなにひとつの企業がつ […]

遊牧民は「ノマド」じゃなくて、「ベンチャー」だと思った話

2014年くらいから、日本でノマドブームのようなものがはじまった。 いわゆるオフィスを持たず、PCひとつでどこでも仕事をするライフスタイルだ。 スタバでMacBookを広げて仕事するライフスタイルはカッコよくうつっていた […]

都心で行われる地方創生セミナーに対する違和感

閉塞感のある会社生活で、地方を活路にしている。雑誌やニュースをみても地方創生の文字で踊らされている。 希望難民ご一行様 少し前に話題となった新書で、ピースボートに乗る若者と似たものを最近の地方志向と同じ構造を感じている。 […]