15年前の話。みんなの夢

J-POPのようなタイトルですが、私の高校生時代の思い出です。

私の通っていた高校は、神奈川県では歴史の古いところで、学習は自学自習、行動は自律自制をすすめる校風でした。簡単に言えば放任主義です。

例えば、制服はなく自由な服装で通学ができ、学業よりも学内のイベントを優先していたり、学校の定期テストは学生と先生の協議によって実施するかどうかを決めるといった感じでした。

なぜそうかというと、歴史が古く学生運動を盛んにやった先輩方の影響で、学生自治が重んじられていたとのことでした。

そんな高校生活の中で印象的な出来事がありました。それは、高校2年生の特別授業のときのことでした。高校の先輩にあたるという経営者の方が公演されるということで全学年が体育館に集合しました。その経営者というのが、「和民」グループでおなじみの「渡邉美樹」社長さんでした。

当時から有名だったと思うのですが、私も高校生だったので居酒屋というものに入って飲んだりすることはまずありませんでしたので、そのすごさを当時は理解していませんでした。

その講演のなかで記憶に残ってることがいくつかあります

  • 渡邉さんが希望ヶ丘高校の図書室で、本を読みまくっていたこと
  • 佐川急便でバイトして貯めたお金で起業されたこと
  • 夢に日付をつける。夢を目標にするには具体的な期限や成果を考えて行動すること

そんな話を全校生徒の前でしてくださっている中、私たち高校生活の態度があまりにも悪く、ありがたい話をされているにも関わらず、生徒同士の私語は止むことはありませんでした。その状態を見かねてた渡邉さんが生徒たちを壇上から一喝されたことを鮮明に記憶しています。

夢に日付をつける」ということで、渡邉さんは財団をつくって、若者の夢を応援する、みんなの夢コンテストを8年前から開催されています。これからがんばろうとしている若者を応援しているコンテストです。

今回、私も応募させていただき、2次面接に進むことができました

選考が進めば、みんなの前で夢を語れるようになります。がんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です