おんなのこのきもち

ぼくがやっていることは化粧品の販売のお手伝い

コスメにまったくもって縁がなかった私がである。

コスメというより身なり外見に気を使わない私がである。

いや正確には大学生くらいから外見にまったくもってこだわりをなくすというこだわりをもってしまった。

ぼくのこのブログを見ている全国5000万人のおんなのこに聞きたいのは、おすすめのコスメアイテムを教えてください。あと、価格。。。使っているのでもいいです。

あとジェルネイルを自宅でやっているひといたら連絡ください。

こんな ヘアアクセ欲しい人いませんか?
送料無料で500円ぽっきり!!買いでしょ!

ちなみに、このブログからアフィリエイトをやっているのですが、blogをはじめて1ヶ月で47円の収入につながっています。

目指せ!副収入10万円!!

こういうの憧れます

っていうCMでおなじみの「おっぱいバレー

「おっぱい」という響きには、なぜか人を惹き付ける安定な波長があるのでしょうか?
おっぱいバレーのCMを一日に10回くらい見ている気がします。

それにしても世相を反映しているのか、関西のバレー部を中心にインフルエンザが
流涎しているようですが、あんなネットとネットを挟む競技で感染するようなインフルエンザなら、カラダとカラダのぶつかりあいをする、いやカラダとカラダの絡まり合いをする「ハンドボール」なんて競技をやっている人の1人でもウイルスをもったプレイヤーがいたら完全にアウトでしょう。

関西にはハンドボールはないのかな?

「おっぱいバレー」にひきつづき、「ちんちんハンド」という映画を、感染列島の続編で作ります。来春公開予定!!

コメントが簡単に書けるようになりました。

ネットの新技術とか、そういうのにすごく疎くなっている気がします。

20世紀のネット技術に固執してビジネスしているのは危ないです。

変化しないことで、お金は集中するのだと皮肉ながら思う毎日です。

リア充

この休日はリアル充実な2日間でした。

御殿場にいく。
牧場でジンギスカンを食べる。
温泉にはいる。
漁港で海産物を食べる。
実家で寝る。
大池公園でバーベキューをする。
大学時代の共とお酒を飲む。

土日でこれだけのレジャーができたんだよ。
サラリーマンになって土日の過ごし方の重要性を知る。

その中の写真です。

Googleの新機能

Google先生は時代のさらに先をいっているようです。

Search Wikiという機能です。

検索結果を個人で評価したり、コメントしたり、順位を入れ替えたりすることができるようです。

この機能はGoogleが、人間的なものを排除しつづけ、コンピュータが合理的に導きだした結果こそ正しいとしてきた今までの成果物に異を唱えるものではないでしょうか?

Googleが目指す社会に「人」は要らない。情報が整理された世界があるだけ。

こんな映像も2005年くらいにはやりました。

Googleはこの機能を「ユーザーが検索結果をカスタマイズし、(コメントを通じて)その結果を共有できる手段を提供した」のだといっています。Googleは「これは検索の使い勝手を向上させ、日常生活での検索の有用性をさらに高めるツールとなる」としているらしいです。

この機能は大きな挑戦ではないでしょうか?

「人間」vs「データベース」

結局のところ、わたしは人間くさい世界で生きているので、人間臭い結果がでてくることを期待する一方、衆愚の固まりのような検索結果のあつまりが増え、人間の知能が低下して、セックスとおまんこしか出てこなくなるような情報社会に生きるのもつまらないと思います。

僕の大好きなこの曲を聞いて寝ます。