携帯の機種変をしたんだったっけ

先日、携帯の機種変を地味にした。

ボーダフォンを使ってるわけですが、そろそろボーダーを無くしとくかと思ってのがきっかけでした。
国際ローミングとかいうオプションがついてて海外でも使えるそうなんだ。

「ねぇ、今日ひま?」
「ん?特に用事はないけど」
「じゃあさ、ボーリングしない?」
「いいね!あーでもこっち遠いし」
「いいよ。俺車だすから迎えに行くよ」
「まじで!!」
「うん、今からいくわ」
「待ってるね、ドイツにいるから」

みたいな会話したいわぁ。
さっき24時間テレビ終わった。欺瞞と焦燥感の漂う番組構成に21世紀を感じた。

昼夜逆転の生活は僕をスローにさせる。
オレンジ色の電飾の下で夜風に当たりながら憂いを感じるんだ。

最近気づいたけど、僕の好きな曲はすべてネガティブな感じの曲ばかりだった。

誰よりも気持ち良い

僕は今日は神奈川を満喫したと。
横浜のくそやろうは市のほかに町とか村とかあるのを知らなかったらしい。日本人は全部市に住んでると思っていたらしい。
山北町にいって真夜中の滝を浴び、足柄を通り抜け、あれ小田原城に攻め入って、海岸線を涙を流しながら走り、茅ヶ崎で海に向かってほえた。

そして、車内でブログ更新。さすがのみんなもこのAボーイっぷりにはびつくり。僕もびつくり。
AH、じりじりと夜になる。

寝たら死ぬぞ。
寝たら死ぬぞ。

今日はそんあ気持ち。バカはバカのまんまだ。
それにしても24時間テレビで障害者を主役にしたてあげ、”こんなに障害にも負けず、頑張ってます。”っていう感じの番組作りには嫌気がさす。
それに加えて、徳光の安い涙が滝のようにながれていた。彼の涙ほど、安い涙はないだろう。

俺らが欲しいのはそんな安い話じゃないんだ。
俺らが欲しいのはもっと、もっと、もっと。

ルノアールの描くおっぱいにしゃぶりつきたい

結婚に希望を描く。
今日は、社会人の前でプレゼンをしたのであります。平凡な日常に緊張感が漂い、素敵な一日でした。
ファッション業界の人は素敵だと思いました。就職活動にも夢が描けました。
打ち上げではうまい酒が飲めたのだ。

それで、結婚はやっぱり素敵な夢であります。
結婚は幸せの抽象画であるように思えました。

もし、美人な嫁ができて、息子が生まれたら、息子が嫁のおっぱいにしゃぶりつくのが許せないという感覚はまだわかりません。

そして、やはり、ルノアールの描く絵には優しさがにじみ出ており、彼の描く少女のおっぱいにしゃぶりつきたいと思うのは男の性なのでありましょうか。

今日はおつかれ

へたくそ

なぜなんだ。
人前で話すのが苦手になってきている19歳。残暑。

台に上って俺が一言はなせば、笑いはすぐに巻きおこったあのころが懐かしい。思いを馳せる。
小学校のときには生徒会長してたとおもうんだけど、そんときはもうシャベリバにもでれるくらいしゃべってただろう。
なのになぜ?それは、むつかしい話が苦手だから。
単純バカの僕には2つ以上のことは考えられないのであります。
苦手じゃん苦手ジャン。ジャンガラじゃん。

部屋を片付けていたら高校の卒業式かなんかで読んだ作文がでてきたので写します。タイピングの練習です。

??
卒業生のみんな、卒業おめでとう。
そして俺、卒業、本当におめでとう。
ふと目を閉じると3年前、檜山恭兵と2人でこの希望ヶ丘高校の正門をくぐったあの日のことを思い出します。そういえば、あのころはお前がこんなにヒドイやつだとは思ってもいなかったヨ!

この高校生活で得たものは本当に僕の財産だと思う。
座間のど田舎からきた僕にあは中学かrなお友達が1人もいなかった。だからじゃないけど、毎日が出会いの連続のような日々でした。
特に部活でであったともはかけがえの無い仲間だなぁ。

かっこいいけど、カノジョができないのでホモ疑惑の浮上した常盤くん。
1年のころ部室で袋叩きにして泣かしてしまったいつき。
先日、”めっちゃ好きやねん。ホンマすきやねん。ワイと付き合ってくれ”といったメールで告白したB
柿生、他4人
お前ら本当に一生の友達だよ!!
それから、途中で部活をやめた中道と渡辺。お前ら、本当にやる気なかったからやめてくれてせいせいしたよ。まじで。

部活以外でも高校生活は充実していた。
修学旅行で北海道のバスの中で田原と夢を語り合ったよな>でも俺は本当は沖縄に行きたかったんだ。
記念祭ではよくしゃしゃったし。
水泳大会では小西と本番直前、腹がいたくなってトイレに駆け込んだこともありました。
朝のホームルームで担任の飯島先生が教壇から転落する事故もありました。
連日、非通知で電話がかかってくることもありました。
学校にくると靴が隠されていたこともありました。
それも今では良い思い出です。

そんな高校生活を通してわかったことは、片桐のいうことの8割はハッタリだったということです。
・・・・

卒業生代表 土井隆

??

明日は頑張ろうっと

優しい

本当の優しさを知らない僕は会話の節々で”優しい”を連呼する。
言葉の貧困な僕は、ハーゲンダッツを食べたとき、滝を見つけたとき、蝶々が肩にとまったとき随所で優しいと表現する。

本当は優しさを知らないんだ。ただ、言葉にできないその空間の美しさを表現するのに優しさを使う。それは決して易しくなんかない

今年の夏は暑くなかったと思うのはぼくだけだろうか>

あまり動かなかったからか?海にいかなかったからか?
暑くなかったというより熱くなかったのか?

だとしたらまずいな。まずい。まずい。ドイツで暑くなろうと思う

イカくさい

文字通りイカくさいのはイカを焼いていたからであります。
相模川に行ってきました。タバコをすっていたら火が飛び火してしまって燃え出したのでちょうど持ち合わせていた木炭を燃やして暖をとっていたら、川でおぼれた友達がイカに助けられてきたのでそのイカを焼いてみたらおいしかったのです。

BBQなるものを少人数でやった。焼けるものを焼こうというコンセプト的な動きだったので、はちゃめちゃだったんだ。でも、最後にやいた秋刀魚は塩味がしみてくそうまかった。
時間を気にせず人目を気にせず川を見つめながら食を楽しむことができたのであります。
これこそ、ファストフードから脱出。まさにスローフードではないか!

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

その川の流れとは時間の流れと重なった。
小学校からの仲の友人と食をともにしたのだけど、絶えない友情は川のようで、その内面は少しずつ大人に近づき、下ネタのレベルも小学校の何も知らなかったレベルから高度なレベルに発展していた。

地元の町並みが変わっていく。
駅前には座間のくせに高層マンションなんか建てようとしている。

と嘆くのも一驚。
そうそうホワイトバンド。流行ってますよね?
広告で見かけた”ホワイトバンドの次はイエローバンド”
残念になりました。友達も貧困撲滅でホワイトバンドの普及の活動している。
貧困問題とかが一過性の流行の問題として認識され”そういやそういうブレスレッド流行ったよね?”って言われるときが数年後にあるならそれほど悲しいことはない。
意識を地球大に。

いつか話せよ。またあったならすべて話せよ。

ナンシーアジュマル

ナンシーを知ってますか?
中東を中心として売れに売れまくっている歌姫です。エジプト人らしいけど八代亜季に似てるんだ。
彼女のCDを実はシリアで大量に買っていたのだ。

彼女のことが知りたければ
http://www.elaph.com/ElaphWeb/Musi…
を見て下さい。丁寧に書いてあるでしょ。そう彼女はテロについてなんか言ってるらしいの。

まぁそんなことはよくわからないけど、夕方ナンシーのなんともいえない甘い歌声にムンムンとしながらすごしていた。FLASHでラーメンサイトを作ろうと思って今勉強中なんです。
ラーメンサークルをインカレで作ろうって話があって、元ラーメン部部長の僕はいまweb製作の段階に入ってる。上智の田中が四谷支部でも動きを見せてくれそうな勢いである。

携帯で写真をとっと住所と、味についてのレポートと、評価を書いて送信したら自動的にデータベースにしてマッピングされるようなインターフェイスとしてのラーメンサイトを作れるように勉強します。
僕は藤沢支部を担当することになるはずです。全国展開も考えているし、そういうラーメン好きは一報ください。

昨日の夜からTOMだかTIMだかなんだか良くわからない高校の同期とジャンガラで飲んでいたら、ズーラシアにいた。

まぁそんでよくわかんないけど海に水着を見に行って、興奮してしまってさっき風呂はいっていたら鼻血がでた。時間差攻撃でした。

ムンムンムン。蜂が飛ぶ。

永遠の仔

最近、小説なんつーものを読み始めているわけですよ。
当たり前だけど小説は想像力を働かせるし、作者がひとつひとつの言葉を選んで作り上げているから深みが違う。
視聴率を意識した安っぽいドラマのありもしない安っぽく愛を語っちゃうような台詞はサブイボがでるっつーの。

一日やることも見つかりそうになかったので滝を見に行った。
山北町にある洒水の滝。
読み方は”しゃすいのたき”神奈川の奥地にあるんだな。
日本名水百選にも選ばれているっつーくらいきれいな清流は心も浄化していきやがった。
全身でマイナスイオンを浴びてきた。んっマイナスイオンっていうとなんだ?Cl?とかOH?とかのことをさすのか?なんで良いんだろ?しらねぇやい。
そしたら、こんな奥地の公園より東京のお洒落な店も知らなくちゃモテないな。って結論に達した。

やさしい時間を過ぎると帰路に着く。246はひたすら渋滞。渋沢の”なんつっ亭”(←らーめんやね)によったけど閉まってるっていうオチ。
そんなやさしい時間をすごしていたら、腹がいたくなってトイレに駆け込んだ。

やっぱり自然と人工は対立するものじゃなくて、内包されてしまうものだと思った。どんなに頑張ってもデザイナーには、あのような独立した個々の生物が秩序だって滝のような景観を作り出すことはできない。l

人を内包した環境。
その美を追求していく。
0と1の情報だけじゃ語れないけど、もとを正せば人間のゲノムも4つのアミノ酸だけでできてるわけだからデジタルなんだと(竹村先生が言ってた)
環境に溶け込んだ意味情報を捕まえるセンスウェアの構築してみせる

だって俺、環境情報学部生じゃないの!!