今日勉強したこと

http://www.ustream.tv/recorded/22135450

税と保障の一体改革について理解していないと答えた人が増税に反対

理解している人ほど、増税賛成。

 

増税は、若者のため?

高齢者・つまり定年退職者は、所得税負担がなくなるため、実質負担が0になる。

消費増税は高齢者から税金負担をしてもらうもの(消費全体の60%が高齢者)

 

賦課方式と積立方式と一緒にいっているが、2つを混ぜ合わせた建設的な意見がある。

 

政治は、トレードオフ

可能な選択肢から、最適な解を出すのが政治。

局部的なものしかみない伝えない、伝えることができていないメディアは問題。

政府の見通しは、7%の10乗の可能性でしかない。

 

といった上で小沢一郎の無罪により、民意がこれからどちらに流れるのかがいま見ておかないと

いけないことだと思う。

 

ほかの人のソーシャルグラフを可視化する つながるサービスを考えてみた

僕が考えたことなんて、天才じゃないんだから、もう誰かが考えて実装していると思うのだけど

Googleで調べてみても出て来なかったから、だれかやってたら教えて欲しいです。

誰かがやって出来なかった理由か、やったけどうまくいかなかった結果がきっとあるのだろうと思います。

 

カンタンにいうと、複数人のソーシャルグラフを合体させる方法です。

そういうのを使ったら面白いサービスが実装できると思うのですがどうなんでしょうか?

ソーシャルグラフのAPIは

http://sakazuki.info/985/

こちらで紹介されていました。

 

ソーシャルグラフは

Touchgraph

https://apps.facebook.com/touchgraph/

一人の人のネットワーク図はFB上ではカンタンに作成可能

 

これを100人のネットワークを合わせたときに誰と繋がれるか?

→変数をかけ合わせた時にイシューとなるクラスターが分析できる(展開可能)
→ハブになる人のタイプによって、つながりを再生産
→タグ付
→投稿による個人の興味範囲へのアプローチ

→インタレストグラフとの連携
<ビジネス面>
人材紹介・・・
お見合いパーティ開催事業・・・
API販売・・・
参加するためのユーザー課金
広告事業展開・・・ネットワークのハブに宣伝させる仕組みを提案

<懸念点>
コンプライアンス
参加のため
NDA
FB側の制約
<実現する社会>
1、息子が原因不明の病気になった。Googleで検索したら、その病気に詳しい専門の集団を発見
その集団に近い人が自分の友人Aだとわかり、相談したところ、病院とつながり治療が可能になった

2、居住地区の有力者が誰か、またその人を口説くためには誰に相談すればよいかがわかって、地方自治が実現できる

3、かわいい女の子を口説きたくて、彼女のまわりにいる人と、関係の深い友人を発見して、相談して恋が成立する

 

などなど
<展開方法>
FBアプリとして提供
→提供するネットワークは友人関係のみ
→再生成できるようにする 格付けをするなどの追加機能は有償にする
→FBに情報を提供するかわりに受けれるサービスがある。お見合いパーティの参加特典など?

既存のコミュニティで実績を作る
→多種多様なバックグランドを持っているコミュニティでこそ真価を発揮する

 

 

座間キャンプ 桜まつりランに参加してきました

朝8時に起きて10時から開催される朝の桜祭りランに参加してきました。

 

 

 

座間キャンプ内に一般の人が入れるのは、年に2回。桜まつりと、7月の建国記念日だけです。

今年の桜祭りでは、マラソンブームにあやかって、7Kmのマラソンが開催されました。

 

マラソンして思ったのは、座間キャンプが広すぎだろ!ということです。

7kmのマラソンは相当以上にきつかったです。アップダウンもあるし、住宅も広いし、どこ走ってるか

ほんとにわからなかったのです。そして、声援を送るアメリカ人も

「Last 1 mile!」といったことをいうので、1マイルが何Kmなのかわからないし、

ホントにきつかったのです。

 

座間キャンプどのくらいの広いのかというと


大きな地図で見る
直線距離で5kmはとれます。

中にはゴルフ場もありました。住宅の密集地がまわりにあるのに悠々とゴルフがある外周を走りました。

桜は今日はとてもきれいでした。

参加賞として、日米親善桜寄贈より100周年を祝ったTシャツをいただきました。

くわえて、抽選でステーキ券5000円分のチケットもらいました。

 

来年は、タイムを縮めて勝負ができるように体力をつけようと思いました。

 

 

あと会場には、ヘリコプターも展示してあったので、観光としても楽しかったのではないでしょうか

明日は筋肉痛まちがいないでしょう。

Google MAP 遊び心があっていいなぁ

 

Googleで横須賀の場所をしらべていたら、マップがすごいことになっていた。

そうか、今日はエイプリルフールだったのか。

 

GoogleとSQUEAとかが共同でこういうおもろいことやろうって

きっと飲み会かなんかでひらめいて実装できる権利と技術もっている

人がつながっているんだろうなぁ。

 

これいつまで使えるのだろうかな?使い方わかんないけど。