辞世の句を考える

昨今のテレビ番組の特集で自殺をテーマにしたものが

多く気になってしょうがない。
今年、日本での車両遅延などが発生したケースは4万弱、そのうち
半数が飛び込み自殺などが原因らしい。
そんな時折、クリスマス前夜というのに関わらず、
「竜馬がゆく」を読んでいます。住吉くんのススメで。
司馬遼太郎のような史記を読んだことは無く、もっぱら漫画とエロ本しか読まず
文字を読むと言えば専ら新書の目次だけを読んでわかった振りをしている私であるが
これはおもしろい。
明治維新の立役者たちは、今の自分と同じ年頃で、、、としみじみを畏れ多い。
こんなご時世ですが、みなさん元気ですか?
いま自殺したいって思っている人なにを考えていますか?
是非とっておきの辞世の句をお寄せください。
今の私が辞世の句を残すのであれば
やれるなら
 一度はしたい
   野外プレイ
    さりとて僕は
     草食系
詠み人知らず
明日も生きてみます

今日はスノボに行ってきました

先日、おかげさまで24歳になりました。

いろんなことがあったね。すべてがいまの僕を作っているんだ
君にありがとう。
とつじあやのを聞きながらベッドの上で日記を更新します。
今日は群馬県までスノーボードをやりにいってきました。
お金を払ってやまの山頂にいって、わざわざ板にのって山を降ります。
横転しやすいような設計で何度もころびながらやっとのことで下山をするんだ。
やっとの思いで下山したと思ったら、またロープウェーにのって山頂にのぼるんだ。
何回も繰り返すが、こんな不毛なことをやる理由を探すのが難解。
あげくのうえに、服とか板とか借りるのにもお金を取られるし
そんなスノボをやってきましたが今年はあと2回くらいいくんだお
全国のみなさん遊んでください