A級グルメの町邑南町(おうなんちょう)に学ぶこと

11月14日から15日の2日間で島根県の邑南町に行ってきました。

場所はこちら。広島から1時間半くらいで車でつきます。

人口1万人で、広さは東京23区全部くらい。端から端まで車で1時間を超える広さです。

9月に放送されたプロフェッショナル仕事の流儀で、食で町おこしをしているすごいところと紹介されていて、キッチンカーの取り組みやシェフを育てる取り組みなど、これは是非みてみたいと思って、行ってきました。

 

img_7427観光商工課の寺本英仁さんに話をいっぱい聞くことができたので、邑南町の取り組みをいろいろ理解することができました。

僕が参考になると思ったことを散文的にまとめていきます

(1)地域おこし協力隊(=耕すシェフ)の活用方法

img_7465

まず地域おこし協力隊が今30人邑南町にいます。地域おこし協力隊は鹿児島県内でも自治体ごとに運用が違うしいい話も悪い話も色々聞くのですが今回はとても、すごくいい事例でした。

地域おこし協力隊は、ここでは地域おこし協力隊とは言わず、「耕すシェフ」「アグリガール」など、取り組む内容がしっかり決まって、町の戦略にもとづいてステージが用意されています。

耕すシャフは名前のとおり有機農業を行いながら、町でつくっているレストランの運営をやって実力をつけていき、3年後もしくはそれをまたずに独立していく仕組みがありました。活動費は、農地の改修や料理教室など新しい仕組みに使われて全体としてA級グルメの町をつくるためにちゃんと使われています。

人口は純増しているそうです。定着はした方がいいけど、そんなに期待しすぎず30%くらいが残ってまた循環していけばいいという考え方は、移住とかを目的とするんじゃなくて、そういう人の思いを大事にする雰囲気が人と町を育むんだろうなと思いました。

(2)ホンモノをつくる A級レストラン

地方にはA級の素材があるのに、A級のレストランがないのがもったいない。一流シェフは実は地方出身者が多い。地方こそ宝の山というのが、体現したようなレストランがあります。 img_7409

ajikuraは、町営でスタートさせたレストランで、ちゃんと採算があうようになっています。客単価がランチ5,000円くらいで、有機農業でつくったものをちゃんと地元で売ることでちゃんと文化になっていくのだと思いました。

img_7400全国でも有名な奥田政行さんが邑南町の食の取り組みに協力をしていたり、今のオーナーは元ジャッジョーロ銀座の佐藤さんがやられていたりしました。ホンモノを巻き込むために地道にがんばってこられたとのことです。(島根でルクサの話がでてつながりを感じました。)

有機農業も科学的にやっていて、BLOF理論という(僕は詳しくはわからないのですが)土壌をちゃんと調べながら、その土壌にあった野菜をつくっていくことをやっていました。特産品だからとかじゃなくて、使いたい野菜をつくるための土壌をつくって生産をしているので、これはどこの場所でもできることだと思います。それだけじゃなくて、つくった野菜の出口もつくろうと、JOAAという会社をつくって販路の確保もやっておられます。

また、食を観光客向けのものだけでなくて、みんなのものにするためにキッチンカーを走らせたり、実験レストランといって、耕すシェフが試作品の料理を出すお店があったり、料理教室をやっていたり、郷土料理の本をつくったりととにかくいろいろ始まっていました。

(3)立場のなかでできることを最大にやることの大事さ

制度は、縛られるものではなく、使うものなのだと改めて思いました。既出の地域おこし協力隊の例もそうですが、寺本さんは公務員でおられながら、観光協会を立ち上げたり、牛を育てたり、やれることを全部やっている感じがしました。

img_7457醸し出す雰囲気は、ベンチャー社長と似ていました。目的を達成するためにできることを全部やる。GET THINGS DONEです。

 

 

それらをみて、僕達でやりたいなということになったのが

(1)自分たちの町にもレストランを作る

(2)交流事業を次の展開にもっていく

(3)食育とかにも取り組む

という話をしていました。こちらはまた追ってお知らせしていきます。

 

あれから5年後

Former ECC at Rakuten Ichiba Mr. Takashi Doi is working for one of the member of local revitalization of the area.

と紹介していただいたのは、私が2008年に新卒で入社した楽天株式会社の電光掲示板で、今週の楽天カフェテリア長島大陸フェアの紹介です。

今週一週間、楽天の食堂で1週間、長島町の特産品のブリを使った料理を楽天食堂でご提供させていただきました

14455942_1424350354248060_1251808360_o 14536867_1431550113528084_1871073895_o

この取組は、僕が1年前に鹿児島に来たときの記事を見つけてくれた元研修担当の塩沢さんが、引越当時のなにもない僕の家に来てくれたことが始まりだった。

楽天ふるさと納税を鹿児島で一番はやく開始して、エバンジェリストパーティの商品として、アクアパッツァの日高シェフに長島町の返礼品としておくっている鰤王と鯛王をちょうりしてもらったり、長島町の宿泊施設に楽天トラベルの導入をすすめる研修を長島町商工会議所と連携しておこなったりしてきた。

そして、今回、長島の特産品のPRとふるさと納税のPRのために1週間フェアをおこなったのである。

詳しい内容は、井上副町長のブログで書いてもらったのでこちらを見てください

 

この取組は、楽天の担当者の鈴木さんによると

今回は
初のふるさと納税PR
初のふるさと納税返礼品のメニュー提供、試食、お酒試飲
初のメディア取材
初の大学生のお手伝い

14488976_1430450890304673_56156384_o 14489574_1430450990304663_859915444_o 14466311_1397304096965525_959598189_o

だったとのことで、かなり調整をしていただきました。PRはもちろんのこと今後の展開で双方でいろいろ思えることがあった企画だったと私は思っている。

 

楽天で、ECC ( E-commerce Consultant)として働いていたのが2011年の3月までなので、5年半ぶりに楽天だった。

僕が知る限り、楽天を卒業した方で、活躍されている方は本当に多くいらっしゃるのですが、楽天のなかでこういう企画として正面から入った企画をやっている方をあまり私は知らない。

元社員を受け入れてくれる度量のある楽天に本当に感謝しているとともに、新卒で楽天を選んで本当によかったと30歳になった今、本当に思える。

 

楽天で学んだこと

・圧倒的な結果と謙虚な姿勢(実績をちゃんと作った上で、威張らない。)

・スピードスピードスピード(優先順位とか言ってる間にスピードをつけてやっていくことが大事。)

・お客様との関係は常に35度(相手との交渉の際には、真ん中45度をとるのではなくて、相手の言うことをちゃんと聞いたうえでちょっとずつ寄り添ってもらえるようにしていくことが大事)

 

 

上記が全てではないけれども、本当にやっていることの原点にあると思います。

実は、今日が僕の会社、株式会社コアースを設立して3年で 、長島町に赴任して1年で、楽天の内定式から9年の月日が流れています。

それと同時に風邪を引きました。

明日は寝込むことにしたいと思います。

 

2015年の振り返り

今年は変化の激しい年でした。

個人的には30代に突入したのも大きい。月ごとにあったことを忘れないためにいれておく


993887_805521142909163_5364703456552015953_n


1月

ルクサの新規サービスルクサリザーブを稼働させる

育毛活動をスタートさせる(毎日薬を飲み始める)

 

2月

Rubyの勉強を開始する

社会創発塾の第三期を開催する

10943112_808683579202950_5175860250108582217_n

3月

アメリカ・ロサンゼルスに映像撮影にいく

選挙活動のネットをいろいろやる

4月

ルクサが KDDIへの売却が決定

渋谷のLGBTパートナーシップ証明条約可決

5月

ベトナム・ハノイへ旅行

6月

鹿児島・長島町へ講演にいく

7月

11694811_10153547079009468_8471563314359793648_n

ルクサ退職

8月

コアース本格始動

9月

12063461_940995462638427_1383556282936325389_n

インバウンドビジネス始動

マレーシア旅行

10月

12141598_10207892444332628_7647571927463118439_n

鹿児島県・長島町の地域おこしに参画

食べる通信の準備

11月

ビズリーチ・スタンバイとの地方創生求人の連携

クックパッド掲載

ベトナム・ハノイへ撮影にいく

12月

12249610_1164902426872361_3900764641283299629_n

30歳を迎える

楽天ふるさと納税スタート

長島大陸食べる通信 創刊

長島大陸市場スタート

メディアキャンプin 秋葉原開催

 

【紹介してもらった】

ダイヤモンド

http://diamond.jp/articles/-/83504?page=2

 

地方創生案件

http://www.huffingtonpost.jp/machinokoto/kagoshima-nagashima_b_8694240.html

http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20151217-OYTNT50076.html

http://laugh-raku.com/archives/19950

http://newswitch.jp/p/2566

 

選挙関連

http://blogos.com/article/117333/

 

NHKの動画

http://www.nhk.or.jp/d-navi/link/sosei/