無人コンビニ「已前集団」のやっているBINGOBOX

無人コンビニという記事を見て、これは行ってみようということになりました。客がいないという訳ではなくて、店員がいないというわけです。そこには、顔認証システム、RFIDの仕組み、電子決済などのIoT技術の進化とインフラがあってのことなのだと思います。 IMG_0490 北京の中心から30分くらいタクシーでいったショッピングモールの中に、BINGOBOXというガラス張りの建物がありました。これが噂の無人コンビニです。 まず、入口に立つと、QRコードを読み取ります。アクセスすると携帯の認証画面になります。

IMG_0495

そして、入口に立つと顔認証を行い、認証が完了すると入口のロックが外れます。

IMG_0493

店内には、コンビニのように商品が陳列されていました。すべての商品にRFIDが貼られていて、データがそこに入っているようです。

IMG_0504

 

その商品を決済カウンターに置くと、金額が表示され、決済用のQRコードが出てきます。それをWechat Payで支払うと決済完了です。 出るときも同じようにして、顔認証をして出ることができます。盗もうとすると、閉じ込められるそうです。逃げたら顔認証でどこまでもおっかけてくるようです。

IMG_0510 2

撮影をしていると、おじさんが寄ってきて、中国語で「撮影するなら、本部に連絡しろ」と言ってきました。たぶんですが。 無人コンビニなのに、店員がいました。一番の驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です